取り組み団体・内容について

いわき市の水産業の魅力を発信!「“常磐もの”わいわいプロジェクト」

合同会社はまから

#水産業

#イベント

#食

#情報発信

#ブランド

#商品開発

実施地域/
いわき市
実施期間/
2022年7月1日~2023年1月31日

取り組みの概要

取り組み概要

いわき市で水揚げされる“常磐もの”は年間を通して約200種類を超え、魅力的な魚がたくさん水揚げされます。市場も漁師さんや仲買人さんが多く、活気があります。
本事業は、そんないわきの水産業の魅力を多くの人に伝えるためのプロジェクトとなります。

今回、水産業の魅力の発信事業としまして、YouTubeチャンネルの発信はじめ、各種SNSを利用した情報配信を行います。また、市内飲食店等と連携し、新たな商品を開発するなど、“常磐もの”を気軽に食べることができるイベントを実施する予定となっております。

主催者のコメント

阿部峻久

いわき市で水揚げされる鮮魚は、四季を通じて魅力的な魚が多く、食べ方も様々です。
“常磐もの”の魅力を多くの人に知ってもらい、また、「自分たちの住んでいる地域の魚は美味しいんだ」と自信と誇りをもって話せる市民が増えればと思っております。

今後のイベント・取り組み

2022年11月下旬~2022年12月上旬
常磐ものを食べよう~市内飲食店と“常磐もの”のマッチング~(仮称) 市内飲食店のシェフと“常磐もの”が織りなす、期間限定の創作メニューを食べることのできるイベントとなっております。

お問い合わせ

株式会社ジェイアール東日本企画「地域の伝統・魅力等発信支援事業」事務局

メールでお問い合わせ

電話でのお問い合わせ :03-5447-7819
(受付時間 10:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除く)

お問い合わせは原則上記フォームよりお願いします。なお、お問い合わせの際は、フォームの要件を全てご記入いただき、確認の上、送信してください。お問い合わせいただきました内容などにより、ご連絡に多少お時間をいただく場合がございます。また、内容によりましては、お返事いたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

本事業は経済産業省から補助金の交付を受けた株式会社ジェイアール東日本企画(事務局)が、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い避難指示等の対象となった12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)を中心とした福島県の風評被害の払拭や交流人口の増加に向け、地域の伝統・魅力等の発信や、交流人口増加のための取組を行う民間団体等(間接補助事業者)を支援するものです。