取り組み団体・内容について

ふくしまの食と酒の素晴らしさを国内外に発信

テロワージュふくしま実行委員会

#イベント

#食

#ツアー

#情報発信

#交流人口拡大

実施地域/
全域、川内村、いわき市
実施期間/
2022年7月〜2023年1月31日

取り組みの概要

取り組み概要

テロワージュふくしま実行委員会では、福島における強みは日本酒を中心とした酒と豊かな自然環境で育まれた食材であると考えています。 「テロワージュ」(Terroir×Mariage: 酒と料理の融合を表す新造語)というキャッチーな造語を掲げ、県産酒とマリアージュさせた良質な県産の食材を利用した料理を提供する飲食店、宿と連携し、Webサイト及びメディア等で「ふくしまの食の魅力」を発信し、関連イベントを実施しています。

海外事業では、2020年1月にパリで「テロワージュふくしま」の展示会を開催、大成功を収め、現在、県内の日本酒の蔵元さんと協力してフランスにおける日本酒の市場開拓に臨んでいます。また、国内事業では、日本酒YouTuberの吉川亜樹さんの協力を得て会津磐梯地方のテロワージュを紹介する動画を作成、YouTubeで公開し今後のイベントやツアー開催に繋げる予定です。今後、首都圏の料理人や店との連携も開始し、東京と福島の双方での「テロワージュ」料理イベントの開催、交流事業の実施を予定しています。

主催者のコメント

テロワージュふくしま実行委員会・委員長
(北村秀哉)

「究極の美味しさは産地にあり」を理念に、地域の食材を使った料理と地元のお酒の組み合わせ(マリアージュ)を磨き、国内外の方々に福島の食の素晴らしさをお伝えするプロジェクト、それが「テロワージュふくしま」です。地元・福島の食材を確かな目と腕で美味しい料理に仕立て上げ、福島のお酒の絶妙なハーモニーを楽しんでいただく、そんなお店や宿と連携して、「ふくしま」を盛り上げて参ります。

今後のイベント・取り組み

2022年10月頃予定
テロワージュふくしま 都内ガラパーティ&料理フェアの開催 都内の実力料理人数名を福島に招聘し、素晴らしい食や酒の発見の機会を得るツアーを行い、その成果をご自身のお店でお客様に提供していただく食のイベント・フェアを開催します。詳細は、「テロワージュふくしま」のWebサイト、その他メディアで逐次お知らせして参ります。
2022年11月~12月頃予定
テロワージュふくしま 福島県内メーカーズ・ディナー 福島県内の「テロワージュふくしま」が推薦する料理店、宿の中から3軒程度において、福島県内の日本酒やワイン等のお酒の生産者にスポットをあてたMaker’sDinnerを開催します。詳細は、「テロワージュふくしま」のWebサイト、その他メディアで逐次お知らせして参ります。
2022年10月~12月頃予定
「テロワージュふくしま」による、会津磐梯地方と阿武隈地方の食のツアー 会津磐梯地方の日本酒を知り・学び・味わうツアーと、福島の隠れた食の宝庫「阿武隈高地」の食を再発見するツアーを企画・実施する予定です。詳細は、「テロワージュふくしま」のWebサイト、その他メディアで逐次お知らせします。

お問い合わせ

株式会社ジェイアール東日本企画「地域の伝統・魅力等発信支援事業」事務局

メールでお問い合わせ

電話でのお問い合わせ :03-5447-7819
(受付時間 10:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除く)

お問い合わせは原則上記フォームよりお願いします。なお、お問い合わせの際は、フォームの要件を全てご記入いただき、確認の上、送信してください。お問い合わせいただきました内容などにより、ご連絡に多少お時間をいただく場合がございます。また、内容によりましては、お返事いたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

本事業は経済産業省から補助金の交付を受けた株式会社ジェイアール東日本企画(事務局)が、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い避難指示等の対象となった12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)を中心とした福島県の風評被害の払拭や交流人口の増加に向け、地域の伝統・魅力等の発信や、交流人口増加のための取組を行う民間団体等(間接補助事業者)を支援するものです。