取り組み団体・内容について

県内教育機関に向けた学校行事等利活用促進事業

株式会社Jヴィレッジ

#施設

#スポーツ

#交流人口拡大

実施地域/
全域
実施期間/
2021年8月10日〜2022年1月31日

取り組みの概要

取組概要

「Let’s J-VILLAGE」は、子ども達に広大なピッチで思いっきり体を動かしてもらうため、福島県内の教育機関等(幼稚園・保育園・こども園・小中高校)による平日の学校行事や授業でのピッチ利用を無料とする取り組みです。

期限は2022年3月31日まで、ご利用の際はJヴィレッジHP内にある予約専用フォームよりお申し込み下さい。
なお、視察案内見学や震災学習プログラムもあわせてご希望いただけます(詳細はご相談ください)。

また、全210席で最大105名まで収容可能なレストランでは、ピッチを眺めながら、全員で昼食もお楽しみいただけます(お食事代は別途)。運動も学びも食事も!この機会に、是非!Jヴィレッジは、皆様のご利用をお待ちしております!

主催者のコメント

Jヴィレッジは「サッカーの聖地」として、これまで各国の代表選手や仲間とのレクリエーションのため、多くの方にご利用いただきました。
近年では、サッカー以外の競技でもご利用いただいており、「天然芝」や「施設環境」に高い評価をいただいています。
トップアスリートから高い評価をいただいているJヴィレッジに、福島県内の多くの子どもたちが訪れ、福島の誇りを感じてもらうことを願い、この取り組みを始めました。
この機会を通じて、子どもたちに国内最高レベルの天然芝ピッチを体験してもらい、Jヴィレッジでの楽しい思い出を沢山作ってもらうことを目的としています。

今後のイベント・取り組み

2022年
3月31日(木)まで
Let's J-VILLAGE JヴィレッジHP内にある予約専用フォームより、お申し込みください。

お問い合わせ

株式会社ジェイアール東日本企画「地域の伝統・魅力等発信支援事業」事務局

メールでお問い合わせ

電話でのお問い合わせ :03-5447-7819
(受付時間 10:00~17:00 土・日・祝日・年末年始を除く)

お問い合わせは原則上記フォームよりお願いします。なお、お問い合わせの際は、フォームの要件を全てご記入いただき、確認の上、送信してください。お問い合わせいただきました内容などにより、ご連絡に多少お時間をいただく場合がございます。また、内容によりましては、お返事いたしかねる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

本事業は経済産業省から補助金の交付を受けた株式会社ジェイアール東日本企画(事務局)が、東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴い避難指示等の対象となった12市町村(田村市、南相馬市、川俣町、広野町、楢葉町、富岡町、川内村、大熊町、双葉町、浪江町、葛尾村、飯舘村)を中心とした福島県の風評被害の払拭や交流人口の増加に向け、地域の伝統・魅力等の発信や、交流人口増加のための取組を行う民間団体等(間接補助事業者)を支援するものです。